他人に左右されたくない人へ――力強くもしなやかな “銀色夏生流”生きかたエッセイは、読むクスリ!

文芸・カルチャー

2019/11/25

『力をぬいて』(銀色夏生/KADOKAWA)  これは、圧倒的熱量で描かれたエッセイ集だ。読むだけで、こちらまで元気づけられるような、それでいて、ふっと程よく力が抜けるような、そんな作品だ。  その作品とは、女性詩人で写真家の銀色夏生氏の『力をぬいて』(KADOKAWA)。銀色氏の執筆活動30年の集大成ともいえるエッ... 続きを読む