中二病ならぬ高二病? 長すぎるセリフが止まらない、田舎の高校生たちの物語

レビュー

高校2年生の甘酸っぱくない“しょっぱい”時間を描くのが『潮が舞い子が舞い』(阿部共実/秋田書店)だ。 毎回ひとりの生徒にスポットがあたり、なんということもない彼らの青春が、阿部節とも言うべき哲学的な長ゼリ…

本文を読む