「宇多田ヒカル」「PHS」…ノストラダムスの大予言の“1999年”を舞台に、 『ベルリンは晴れているか』の著者が描いた青春ミステリーの傑作!

文芸・カルチャー

2019/12/5

『分かれ道ノストラダムス』(深緑野分/双葉社)  深緑野分が2016年に発表した第2長編『分かれ道ノストラダムス』(深緑野分/双葉社)がついに文庫化された! 同作は『戦場のコックたち』『ベルリンは晴れているか』など海外を舞台にした歴史ミステリーで知られる著者が、初めて現代日本を舞台に描いた作品。知る人ぞ知る青春ミステ... 続きを読む