大人が飛びつく「読むとイライラが消える絵本」とは? 幼児版アンガーマネジメント“ガストンの呼吸セラピー絵本”がヒット

文芸・カルチャー

2019/12/12

<左から>『かなしくなったら やってみて!』『おこりたくなったら やってみて!』『こわくなったら やってみて!』(オーレリー・シアン・ショウ・シーヌ:著、垣内磯子:訳/主婦の友社) 3回の呼吸で怒りが収まる絵本を「子どもよりむしろ自分に」と大人買い続出 「子どもよりむしろ自分のために買った」「大人にこそ必要」と、幼児... 続きを読む