執拗な嫌がらせや暴力、セクハラ――。闇に葬りたい十代の記憶を鮮烈に書き綴ったエッセイ

文芸・カルチャー

2020/1/16

『生きながら十代に葬られ』(小林エリコ/イースト・プレス)  あなたに心残りはあるだろうか? 『生きながら十代に葬られ』(小林エリコ/イースト・プレス)で、著者の小林エリコさんは“私は全く行きたくない大学に進むことになった。絵の道を諦めなければならなかったことは私の一生の心残りだ”と、彼女自身の後悔を明確に記す。  ... 続きを読む