わが子の障害を受け入れたとき、いのちは輝く――現実に拒絶と葛藤を繰り返す親たちに迫る

出産・子育て

2020/1/22

『いのちは輝く』(松永正訓/中央公論新社)  生まれてきたわが子が障害児だったとき、親は果たして何を思うだろう。普通に生きることさえ難しくなってきた昨今において、人と違うわが子はどんな人生を送るのか。親として無事に子育てができるか。いつまでその人生を支えられるのか。先の見えない不安に押しつぶされそうになる。  一方で... 続きを読む