「運命のドミノ倒し」は終わっていなかった…! バラバラの人生を過ごす“全員主人公”の群像劇、待望の続編

レビュー

出会うはずのないバラバラの人生を過ごしてきた人々が、運命のドミノ倒しの連鎖によって東京駅へ集結し、とんでもない事件に立ち向かう――。 2001年に刊行された恩田陸氏の長編小説『ドミノ』(KADOKAWA)は、27人+…

本文を読む