【2020年本屋大賞ノミネート】ふたりは再会してはいけなかった…? 世間が反対しても、そばにいたい。新たな“つながり”と”断絶”を描く『流浪の月』

文芸・カルチャー

2020/2/15

『流浪の月』(凪良ゆう/東京創元社)  私が小説を読むのが好きなのは、普段の私の退屈極まりない日常の外には、実はもっと広々とした、自由で、豊かで、美しい世界が広がっているかもしれない、と思い込ませてくれるからだ。  たとえば、凪良ゆう著『流浪の月』(東京創元社)は、手始めに、アイスクリームを夜ご飯にする、という無邪気... 続きを読む