『サザエさん』サザエが“離婚”を示唆!? マスオ憤慨も「私、恋愛するわ」

エンタメ

2020/2/23

『アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!』(扶桑社)

 2月16日に放送されたアニメ『サザエさん』では、サザエとマスオさんが離婚の危機に晒され、視聴者からは衝撃を受ける声があがっていた。

 話題のエピソードは、作品No.8067「当たる?当たらない?」。ある日の買い物帰り、街角で手相占いをやっているという易者に遭遇したサザエ。占ってもらうも、インチキばかりを並べたてられ、当たったのは“昼食にラッキョウを食べた”ということだけ。この話を聞いたカツオは「“臭い”に敏感になることも、易者には必要なんだ」と妙に納得する。

 その後、会社から帰宅途中の波平も例の易者に捕まる。易者は手相を見るやいなや「帰って家族の顔を見ながら1杯やるのを楽しみにしておいでですな」「亭主関白のようじゃが、でも奥さんには頭があがらない」と、見た目と状況から検討がつきそうなことを、さも占いで言い当てたかのような物言いで迫る。

 そんなとき、突然雨が降りはじめ、易者とともに雨宿りをする波平の元にサザエが傘を持って迎えにやってくる。サザエは親切心から波平用に持って来た傘を、易者に貸してあげるのだった。

 後日、散歩中にまたしても易者に遭遇した波平。すると易者は、「磯野さんは頼まれたら嫌とは言えない性格をしておりますな」と都合のいいことを言って、波平に傘を持って帰るよう押し付けてくる。

 インチキだけに飽き足らず、次第に行動がエスカレートしていく易者に対し、サザエとマスオはなにか仕返しをしようと画策。別の女性易者からかの“エセ易者”の情報を貰うと、マスオはさっそく本人の前で「大変でしたね、大きなご病気をされて…」「娘さんが結婚して寂しい思いをさせている」と、教えてもらった情報を占いのように話す。あまりの的中っぷりに、エセ易者は「実によく当たる!」「私の今年の運勢を占ってくれませんか」と大興奮。しかし、サザエからネタバレをされると「えぇ!」と呆気に取られてしまうのだった。

 見事なトンチで、視聴者を“スカッ”とさせたサザエだが、なんとこの経験で自身も占いに目覚めた様子。テーブルの上に意味ありげにトランプのカードを並べて眺めていたかと思ったら、突然「へぇ~ 私、恋愛するわ」と衝撃の一言。それを聞いたマスオは「けしからんじゃないか! 僕というものがありながら」と憤慨。そんなマスオをよそに、サザエはあっけらかんとした表情で「むろん、私は独り者になるって出てるわ」と“将来マスオと離婚する”とカードが告げていることを明かし、マスオ渾身の「え~!」が出て幕引きとなった。

 まさかの離婚話勃発オチに対し、視聴者からは「離婚フラグじゃねーか」「爆弾発言すぎやしないか」「サザエとマスオが離婚したらタラオはどっちについていくのか」「悪いことは言わん。マスオよ、サザエを捨てろ」「『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』でも一緒だったからそれ以後の離婚か」「離婚ほぼ確定」などと衝撃が広がっている。

 20年後のフグ田家は、サザエ44歳、マスオ48歳、タラちゃん23歳。熟年離婚はありえなくないかも…?