『裁判官も人である』――出世のために上司への忖度は当たり前!? 前例主義、倫理観で揺れ動く、裁判官の重圧とは

暮らし

2020/3/10

『裁判官も人である 良心と組織の狭間で』(岩瀬達哉/講談社)  人生で「できれば行きたくない場所」はいろいろあるが、「裁判所」は確実に上位にランクインする場所だ。訴えるのも訴えられるのも勘弁してもらいたい、できれば争い事に巻き込まれないで穏やかに過ごしたいという人がほとんどだろうし、自分や身近な人が犯罪者となって裁か... 続きを読む