「だらしない」と思っていた夫は「アルコール依存症」だった。脳の病気とどう闘う? 回復までの道のり

レビュー

筆者の父はアルコール依存症だ。暴力こそ振るわなかったが、罵声や怒号が飛び交う家は緊張を強いられる場だった。そんな日々が普通になると、お酒ではなく父の存在自体が憎くなり、大切だと思えないまま家を出た。 …

本文を読む