まるで読むAV!? ときめきが止まらない珠玉の恋愛イラスト集

恋愛・結婚

2020/4/2

愛のかたちをまだ知らない
『愛のかたちをまだ知らない』(平泉春奈/KADOKAWA)

「愛って何?」

 誰かを好きになったことがある人ならば、きっと一度は考えたことがあるだろう。

 愛と美を題材に描くイラストレーター・平泉春奈は、そんな難題に常に真正面から向き合い続けてきた。

 Instagramを中心に、SNSで投稿される彼女の恋愛イラストは、いまやフォロワー55万人以上に支持されるほどの大きな反響を呼んでいる。

 甘酸っぱい青春の1コマ。さまざまな困難を乗り越えて実った愛。初めての夜の胸の高鳴り。ダメだとわかっていても心が惹かれてしまう禁断の関係――。

 そんなさまざまな愛のかたちを描いたイラストを収録したのが、彼女の初作品集『愛のかたちをまだ知らない』(KADOKAWA)だ。

 繊細なタッチで描かれるイラストはもちろん、そこに添えられる情感たっぷりの濃厚な文章にも注目してほしい。


「あ……もっと」
思わず出た本音に、彼は優しく笑った。
そして返事の代わりに、激しく唇を重ねた。
彼の瞳が、私を挑発する。
彼の唇が、私を甘い世界に誘い込む。
彼の舌が、私を女にしていく。
色とりどりのネオンの光に包まれながら
私は今日も、あなただけの女に還る。

 まるで女性向けのアダルトビデオのような甘いストーリーは、イラストの持つ世界観を最大限まで増幅させ、読者の心を強く揺さぶる。

 発売直後から、「どんどん妄想がふくらむ!」「こんなシチュエーションでイチャイチャしてみたい!」「夫に内緒で夜中にこっそり読みます!」など、胸をときめかせる読者たちからの声が続々と上がっている。


 イラストと文章から成る本書には、大迫力の見開きイラストや50ページ以上の描き下ろしも収録されている。

 絵だけ眺めて画集として楽しむもよし、文章をじっくり読み込んで小説のように味わうもよし、パートナーと一緒に読んで愛について考えるきっかけにするもよし。

 さまざまな楽しみ方ができるのも、本書の大きな特徴のひとつだ。

 何ひとつとして同じ恋はなく、愛の正解なんて誰もわからない。

 だからこそ、きっと本書のどこかに必ず響くイラストや言葉があるだろう。

 愛しい誰かのことを思い浮かべながら本書を読み、ぜひ愛を見つめなおすきっかけにしてほしい。

【著者プロフィール】
平泉春奈
イラストレーター。2017年よりフリーランスのイラストレーターとしてSNS上で活動を開始。2018年頃から、愛や性をテーマにした男女のイラストをInstagramに投稿して話題に。美しく繊細なタッチのイラストと、それに添えられえる情感たっぷりの文章が人気を呼び、現在SNSの総フォロワーは55万人を超える。

この記事で紹介した書籍ほか