2020年、芦田愛菜主演で映画化! あやしい宗教にのめりこむ両親とその娘を描く『星の子』

文芸・カルチャー

2020/4/18

『星の子』(今村夏子/朝日新聞出版)  今年、芦田愛菜さん主演で映画化が決定し、再び注目を浴びている小説がある。今村夏子さんが芥川賞を受賞する前に執筆した、初の長編小説『星の子』(朝日新聞出版)だ。  本作では、宗教にのめりこむ夫婦の次女・ちひろの視点から、歪んでいく家族の姿が描かれる。  幼い頃、ちひろは病弱だった... 続きを読む