「命」に向き合い続けた僧侶・看護師が交わした「最期の言葉」

レビュー

『最期の対話をするために』(玉置妙憂/KADOKAWA) 人は生まれたときから、いつかは必ず死ぬと頭ではわかっているのに、医療技術が発達した現代日本では、「死」は日常から切り離され、どんどん遠いものになってし…

本文を読む