「愛せない家族は、愛せないままでいい」機能不全のDV家庭を生き抜いた著者が気づいた家族の選び方

レビュー

“私の家族は小さな国家だったと思う。力のあるものが暴利を貪り、それ以外のものは従うのみである。それでも、そこにはどこかに愛があった。” 『家族、捨ててもいいですか? 一緒に生きていく人は自分で決める』(…

本文を読む