その謙虚さは女の枷になる。フランスのベストセラー作家の話題作がついに日本初上陸!

文芸・カルチャー

2020/6/13

『縫いながら、紡ぎながら』(アニエス・マルタン・リュガン:著、徳山素子:訳/TAC出版)  叶えられなかった夢を思うときに過る、砂を噛むような思い。自分に能力がなかったから、努力が足りなかったから――。自分にそう言い聞かせ、人は人生に折り合いをつけていく。けれどもし、そのチャンスが誰かの手で、ひそかに歪められていたと... 続きを読む