戦争、テロ、差別…恐ろしい未来が現実になるかも!? ディストピア小説『R帝国』が再注目される理由

文芸・カルチャー

2020/6/16

『R帝国』(中村文則/中央公論新社)  不穏なニュースばかりが世の中に溢れかえっている。どうしたら明るい未来を描けるのか。先行きが見えない日々に途方に暮れる人も多いだろう。  こんな時勢だからだろうか、今、中村文則氏の『R帝国』(中央公論新社)が再び注目されているらしい。『アメトーーク!』で「読書芸人」たちが大絶賛し... 続きを読む