教え子の告白に「五年後に言ってくれたら」と告げた夫――私は本当に彼に愛されていたのか

文芸・カルチャー

2020/7/11

『五年後に』(咲沢くれは/双葉社)  一体、いつのまに自分はこんなにもずるくて、弱い人間になってしまったのか――…。家族や同僚、友人などと関わる日常の中で、そんなドロドロした感情が胸にこみあげてくることがある。誰かを見下すことで安堵したり、身近な人のことを「便利」だと捉えてしまったりする嫌な自分からは、できれば目を背... 続きを読む