江戸から平成まで――人でありながら鬼となった男は、途方もない旅を続ける。話題沸騰の歴史巨編ファンタジー

文芸・カルチャー

2020/8/7

『鬼人幻燈抄 幕末編 天邪鬼の理』(中西モトオ/双葉社)  江戸時代、刀鍛冶の集落として名高い葛野には、土着の神に祈りを捧げる「いつきひめ」がいた。幼い頃に妹と共に葛野に身を寄せた甚太は、当代のいつき... 続きを読む