愛されなくても生きてていいですか? 親のために働きつづける女子大生が背負う「親子愛」という「呪い」

文芸・カルチャー

2020/9/5

『愛されなくても別に』(武田綾乃/講談社)  愛されること。それは世の中に数多くある“こうあるべき”という価値観のうち、ひと際逃れがたい「呪い」である。家族やパートナー、友人に愛されることは、まるでそ... 続きを読む