「こんなにぴちぴちした江戸時代初めて」エンタメ小説界の大御所たちが大絶賛する破格のデビュー作

レビュー

「こんなにぴちぴちした江戸時代、人生で初めて読んだのである」と欣喜雀躍する森見登美彦、「作品の命というべきものが吹き込まれている」と感慨多端の冲方丁、「早くもシリーズとして読みたい!」と前途有為を祝…

本文を読む