ツンデレが過ぎるヒロインに隠された過去とは? 甘々展開が魅力の『経理の夏谷さんはガマンできない』に急展開!

マンガ

公開日:2020/10/30

経理の夏谷さんはガマンできない
『経理の夏谷さんはガマンできない』2巻(財政ろろ/芳文社)

 外ではツンツンしているのに、ふたりで過ごす時間は途端にデレデレになってしまう。いわゆる「ツンデレ」の極みのようなヒロインが登場するマンガ『経理の夏谷さんはガマンできない』(財政ろろ/芳文社)、待望の第2巻が発売された。

 初めて第1巻を読んだときの衝撃は忘れられない。なにせヒロインの夏谷さんがとにかく魅力的なのだ。彼女は経理業務を担当する「デキる女」。業務中はキッチリした制服に身を包み、だらしない社員たちが提出する書類の不備を、冷酷なまでに指摘する。「やり直し」を告げる姿はまるで女王様のようだ。

 そんな夏谷さんにいつも怒られているのが、人一倍ぼんやりしている桜野。字が汚く、書類ひとつまともに書けない彼は、事あるごとに夏谷さんから詰め寄られている。

 しかし、ふたりには秘密があった。それは「恋人同士」ということ。社内では交際を内緒にしているため、夏谷さんは必要以上に桜野にキツく当たっているのだ。この関係には誰もが頷けるだろう。秘密を隠そうとすればするほど、人は過剰な振る舞いをしてしまうものだ。夏谷さんの場合、それが「キツい態度」として表出している。

 とはいえ、プライベートでのふたりはとにかく甘々。読んでいるこちらが恥ずかしくなるほど甘~い空気が漂っている。そして見逃せないのが、ふたりの逆転劇だ。仕事中はとにかく冷淡な夏谷さんも、プライベートではふにゃふにゃした女の子になってしまう。そのギャップの激しさに読者は射抜かれてしまうだろう。

 一方で桜野もまたギャップを見せる。私生活での彼はとにかくイイ男で、夏谷さんをとことん甘やかし、なんでもしてあげてしまうスーパーマン。こりゃ夏谷さんが桜野にメロメロなのも納得だ……。

 さて、本作の第2巻はどんな内容になっているのかというと、冒頭から冬木さんという謎の女性が登場する。彼女は誰もが息を呑むほど美人で、いかにもなキャリアウーマン。そして実は、桜野の元カノだという。突然の登場に、ヤキモキする夏谷さん。一見パーフェクトな元カノが現れれば、心中穏やかではいられないのも当然だろう。次第に、桜野と冬木が「元サヤ」するのではないか、と不安に襲われていく。ここで弱音をこぼし、涙を流す夏谷さんは、見ていてとても胸が痛むほど。彼氏が大好きだからこそ、不安で仕方ない。その胸中は誰だって想像できる。

 そんな夏谷さんと桜野の関係がどうなってしまうのかは、実際に読んで確かめてもらいたい。ただ、決して読者を裏切ることはない、とだけ断言しておこう。むしろ、そんな窮地を乗り越えたふたりを待っているのは、第1巻以上に甘々でキュンキュンする展開だ。桜野の彼氏感もさらに増していて、男から見てもとにかくかっこいい!

 そして、第2巻では夏谷さんの「過去」を知る謎の男も登場する。非常に嫌なオーラ全開の彼は、夏谷さんのなにを知っているのか。桜野は夏谷さんを守ることができるのか。続きが気になってページをめくる手が止まらないはずだ。

 イチャイチャモード全開な展開になったと思いきや、急転直下で問題が発生する。そんな夏谷さんと桜野の恋路から、もう目が離せない。

文=五十嵐 大

この記事で紹介した書籍ほか