ラスト1行で恐怖がピークに…亡くなった大伯父の日記を読んだら奇妙なことが起き始めて――当たり前の日常を狂わせた「死者の日記」

レビュー

身の毛もよだつホラー小説は、熱気が体にまとわりついてくる夏に最適。しかし、寒いこの時期でも、ぜひ手に取ってほしい作品がある。それが、原浩氏のデビュー作となった『火喰鳥を、喰う』(KADOKAWA)だ。 本作は…

本文を読む