歌詞が書けない彼女のために詞を書いたことから“僕”の人生が動きだす――号泣必至の感動ラブストーリー

レビュー

田舎町で祖父母と暮らす高校2年生の春人は、趣味の詩作を通してクラスメイトの遠坂綾音と接触する。「一緒に歌を作ってほしい」と頼まれて、彼女と音楽活動をはじめることに。“ある事情”から作詞をすることができな…

本文を読む