パーソナルトレーナー「くびれ番長」が教える! 最速で美ボディを手に入れる15の「美やせ筋」トレーニング

健康・美容

公開日:2021/1/18

くびれ番長の21日間で試着室でも自信が持てる私になる
『くびれ番長の21日間で試着室でも自信が持てる私になる』(扇田純/講談社)

 おやつがすぐ手に取れる在宅勤務、外出自粛によるストレス……もはや太らないほうが無理なのではないかと思う今日この頃である。今はジムに行って思いっきり体を動かすのも難しいし……。

『くびれ番長の21日間で試着室でも自信が持てる私になる』(扇田純/講談社)は、自宅で簡単にできる筋トレを、15の「美やせ筋」ごとに紹介。3週間で、試着室の鏡の前でも自信が持てる自分を目指す本である。

 紹介されているトレーニングはペットボトル2本をのぞけば道具も必要ない手軽なもの。テレワークの休憩代わりに行うのもおすすめだ。

advertisement

「ビギナーさん」「慣れた人向け」があり! 無理しないで身体を引き締められる

 引き締めるべきパーツは締まっていて、女性らしい丸みのあるメリハリボディ。自宅で手に入れられたらどんなに嬉しいだろうか。筋トレというと、腹筋や背筋など、パーツごとに行うイメージがある。しかし著者いわく、

身体はすべてつながっています。どこか一部分だけを集中的に鍛えるよりも、全体的に鍛えたほうが見た目のバランスも整い、女性らしい身体作りができます。

 とのこと。また、筋肉ムキムキになるのでは?という心配も無用で、女性は男性(筋肉が肥大しやすい)と違い、ホルモンの関係でそう簡単にはムキムキにならないのだそうだ。

 15の筋肉のエクササイズを組み合わせるのが効果的だが、どれを組み合わせるかは自由である。ひとつの筋肉につき、ベーシック・ハードなものの2種類、なおかつ回数もビギナー向け、慣れた人向けとあるので、自分の筋肉量に合わせて行えるのが嬉しい。

 重要なのはインターバル! 勢いをつけるよりじっくりと行おう。

 実際にいくつか行ってみると、初心者向けバージョンでもなかなかキツい。デニムが脚にひっかかりそうで悲しかったので、「レッグオープン」という内転筋を鍛える通称「足パカトレーニング」をやってみた。

1.仰向けになり両脚を上げる
2.両脚を左右に大きく開脚する
3.両脚を中央に引き寄せてクロスして、2の体勢に戻す
4.2の体勢から両脚をゆっくりクロスして、2の体勢に再度戻る

 横になってできる上、足のむくみも取れるという一石二鳥のトレーニング。コツは、勢いをつけずに内ももに力を入れること。初心者は15回×2セット行えば良いのだが……5回もやるとプルプルして、内もものみならず腹筋や足全体にも効いてくる。また違う種類のハードバージョンのトレーニングを行ったときは、翌日筋肉痛になった。

 重要なのは、インターバルを取ること。2セット以上行う際にセットの間に取る休憩をインターバルといい、筋肉を短時間休ませることで疲労回復と筋トレ効果を高めてくれる。また成長ホルモンの分泌をうながしてくれると良いことずくめなので、ぜひ活用したいところだ。

 女性の身体は日々変化するので、無理せず、長期間続けることが大事だと著者は言う。上腕三頭筋のトレーニングは毎日続けているが、こころなしかすっきりしたような気がする。

 筋トレは筋力の維持、メンタルの落ち込みを回避するのにも役立ってくれる。出かけられる日を目指し、試着室から笑顔で出てこようではないか。

文=宇野なおみ

この記事で紹介した書籍ほか