日常に息苦しさを感じる子どもたちの、うまく言葉にできない思いに寄り添う児童小説《2021年坪田譲治賞受賞作!》

レビュー

思い出してみれば、子どもの頃は、大人が振りかざす「正しさ」を、とにかく窮屈に感じた。「これをしなきゃダメ」「あれをすべき」などと注意されるたびに「本当にそうなのかな」と疑問に思いながらも、何も言い返…

本文を読む