華奢で頼りなげな背中…は「気のせいでした」。強い“彼女”との出会い/下足痕踏んじゃいました①

マンガ

更新日:2023/2/1

交番勤務から川崎東署刑事第一課強行犯係に配属された、加藤宙(かとうそら)。お人好し&平和主義者で刑事らしからぬ彼は、バディを組むことになった工藤花(くどうはな)をたびたび怒らせてしまう。彼の教育係でもある花は、華奢で小柄な見た目とうらはらに、武闘派な一面をもつ刑事で、男社会の警察を逞しく生きていた。武闘派ヒロインと今どき警察官のバディが繰り広げる、警察ヒューマンコメディ『下足痕踏んじゃいました』(麻生みこと/白泉社)から、1巻冒頭のエピソードを全6回で試し読み!


【30日間無料】Amazonの読み放題をチェック >

下足痕踏んじゃいました
下足痕踏んじゃいました』(麻生みこと/白泉社)

下足痕踏んじゃいました

『下足痕踏んじゃいました』を楽天Kobo(電子)で読む >

『下足痕踏んじゃいました』をRenta!で読む >

あわせて読みたい