その発想はなかった…! のどの衰えを防ぐ驚きの方法を伝授

健康・美容

公開日:2024/3/16

毎日10分 長生き風呂カラオケ

「入浴中にウトウトしてしまう」「最近、つまずきやすい」「食事中によくムセる」―― ひとつでも思い当たったら、風呂カラオケの始めどきです。お風呂はうまく歌えて気分があがり、「のど」のトレーニングにも最高のひとりカラオケボックス。そして、歌えば全身への御利益があります。

 誰ともしゃべらなかった日にも「発声」できる。のどの調子で「今日の健康状態」がわかる。記憶と感情が活性化、認知症が遠ざかる。胃腸のマッサージになり便秘解消。ムセたりよろけたりしにくくなる。そして、お風呂で溺れない。

 入浴中の事故防止、誤嚥予防に毎日10分、世にも簡単でお得な健康法を、のどと声の専門医がおすすめします。

※本記事は『毎日10分 長生き風呂カラオケ』(渡邊雄介/中央公論新社)から一部抜粋・編集しました。

毎日10分 長生き風呂カラオケ
『毎日10分 長生き風呂カラオケ』
(渡邊雄介/中央公論新社)

【30日間無料】Amazonの読み放題をチェック >


昭和の日本レコード大賞曲や
懐メロの人気曲、童謡・唱歌がおすすめ

 突然ですが、お風呂で歌ったことが一度もないかた、いらっしゃいますか?

 人前では恥ずかしくて歌えなくても、お風呂ではつい鼻歌が出ませんか?

「好きな歌を3曲歌い終えたあとは、歌が得意な人もそうではない人も唾液の量が増え、ストレスホルモンが減っていた」という報告があります。

 

 湯気の立ちのぼる温かい浴室は、湿気でのどがうるおって負担がかかりにくいので、のどの筋肉のトレーニングに最高の環境です。

 無理なく言い声が出るし、四方が硬くなめらかな壁なので、音もよく響きます。

 お湯に浸かって好きな歌を歌うと、とてもうまく歌える。のど筋の衰えを食い止めるのに、こんな楽しいトレーニングはありません。

 まずは風呂カラオケの方法から。

 

ワタナベ式 風呂カラオケの方法

 

 お風呂に浸かって、好みの昭和歌謡や動揺・唱歌を3曲歌う。
 持ち時間は10分以内。お湯の温度は41℃まで。
 1曲目はいつも同じ定番曲でのどの調子を確かめる。
 あとの2曲は自由に。
 歌い終えたら、ゆっくり立ちあがって浴槽から出る。

 

 これで「浴槽で溺れる」悲劇を防げると思います。

 

<第3回に続く>

本作品をAmazon(電子)で読む >

本作品をebookjapanで読む >

本作品をBookLive!で読む >

本作品をBOOK☆WALKERで読む >

あわせて読みたい