「ペットボトルのキャップを自分であけられなくなった」は要注意! のどの「老い」をセルフチェックしてみよう

健康・美容

公開日:2024/3/22

毎日10分 長生き風呂カラオケ

「入浴中にウトウトしてしまう」「最近、つまずきやすい」「食事中によくムセる」―― ひとつでも思い当たったら、風呂カラオケの始めどきです。お風呂はうまく歌えて気分があがり、「のど」のトレーニングにも最高のひとりカラオケボックス。そして、歌えば全身への御利益があります。

 誰ともしゃべらなかった日にも「発声」できる。のどの調子で「今日の健康状態」がわかる。記憶と感情が活性化、認知症が遠ざかる。胃腸のマッサージになり便秘解消。ムセたりよろけたりしにくくなる。そして、お風呂で溺れない。

 入浴中の事故防止、誤嚥予防に毎日10分、世にも簡単でお得な健康法を、のどと声の専門医がおすすめします。

※本記事は『毎日10分 長生き風呂カラオケ』(渡邊雄介/中央公論新社)から一部抜粋・編集しました。

毎日10分 長生き風呂カラオケ
『毎日10分 長生き風呂カラオケ』
(渡邊雄介/中央公論新社)

【30日間無料】Amazonの読み放題をチェック >


のどの筋力 セルフ健康診断

 自分の「のどの筋力」は衰えているのか、いないのか。気になりますね。

 セルフ健康診断をしましょう。

 

 のどの「老い」診断

 

2つ以上当てはまったら、のど筋の衰えが進んでいます。

 

□人と話していて、「え?」「今なんて言った?」と、よく聞き返される
□以前は得意だった歌を、うまく歌えなくなった
□ろれつが回りづらいことがある
□声が前より低くなった(女性)、高くなった(男性)
□声がよくかすれる
□お茶や汁ものを飲んでいて、最近よくムセる
□人と話しこんだあと、息苦しさや疲れを感じる
□ほとんどしゃべらない日が、よくある
□トイレでいきむ力が弱って、いつも便秘ぎみ
□段差もないのにつまずくことや、よろけることが増えた
□ペットボトルのキャップを自分であけられなくなった

 

毎日10分 長生き風呂カラオケ

声出しテスト

 

毎日10分 長生き風呂カラオケ

 横隔膜を下げながら、鼻から大きく息を吸って、空気をたっぷりお腹に送り込みます(腹式呼吸)。

「あーーー」と、ふだんしゃべる声の大きさで声を出し続けます。目的は息を吐くことではなく、「なるべく長く声を出し続ける」ことです。

 何秒のばせますか?

 

合格ライン

 男性で25秒以上、女性で20秒以上、声が途切れなかったらひと安心。

 15秒を切っていたら、「のどの老化対策」が必要です。

 10秒以下だったら、病気が隠れているかもしれません。耳鼻咽喉科や、のどの専門医への受信を検討してください。

 

<続きは本書でお楽しみください>

本作品をAmazon(電子)で読む >

本作品をebookjapanで読む >

本作品をBookLive!で読む >

本作品をBOOK☆WALKERで読む >

あわせて読みたい