【1分間名作あらすじ】芥川龍之介「鼻」——不幸を乗り越えた人を素直に祝福できない自分はいませんか?

文芸・カルチャー

2018/5/1

『羅生門・鼻 (新潮文庫)』(芥川龍之介/新潮社)  禅智内供(ぜんちないぐ)という僧は顎の下までぶら下がった腸詰のような巨大な鼻を持つことで有名で、長年彼はその大きな鼻をコンプレックスに感じて苦しんでいた。ある秋の日、京から帰ってきた弟子が医者から鼻を短くする方法を教わってきたと言うので、内供はこれを試すことに。 ... 続きを読む