【1分間名作あらすじ】谷崎潤一郎『痴人の愛』――少女の美しさに翻弄され堕ちていく男の物語

文芸・カルチャー

2018/6/21

『痴人の愛 (新潮文庫)』(谷崎潤一郎/新潮社)  28歳独身の河合譲治は、模範的なエリートサラリーマンである。女性経験もなく、真面目すぎる彼は会社で「君子」と呼ばれていた。世間を知らない少女を引き取... 続きを読む