【1分間名作あらすじ】谷崎潤一郎『春琴抄』——SMのような、深く結ばれた師弟の愛

文芸・カルチャー

2018/7/9

『春琴抄 (新潮文庫)』(谷崎潤一郎/新潮社)  容姿端麗な春琴には舞の才能があったが、彼女は9歳の頃に病気で失明し、三味線を学ぶようになった。彼女は三味線の才能も持っていた。春琴に仕え、世話係をして... 続きを読む