【1分間名作あらすじ】セロ弾きのもとにやってくる愉快な動物たち――宮沢賢治『セロ弾きのゴーシュ』

文芸・カルチャー

2019/4/7

『 セロ弾きのゴーシュ(角川文庫)』(宮沢賢治/KADOKAWA)  ゴーシュは町の楽団でセロ(チェロ)を担当している。町の音楽会で発表する第六交響曲の練習をしているのだが、彼だけが下手なままで、団長からきつく叱られる。  ゴーシュは帰宅してからも一生懸命にセロの練習をしていた。すると三毛猫がやってきて、「シューマン... 続きを読む