【1分間名作あらすじ】彼は単なる転校生か、それとも風の神の化身か――宮沢賢治『風の又三郎』

文芸・カルチャー

2019/4/14

『風の又三郎 (新潮文庫)』(宮沢賢治/新潮社)  谷川の岸に、1年生から6年生までがひとつの教室で学ぶ小さな学校があった。  夏休みが明けた9月1日。高田三郎という転校生がやって来た。彼は髪が赤く、目が丸くて黒い、異様な雰囲気を醸していた。生徒が皆東北弁を話すのに対し、三郎は標準語をつかい、話が通じない。5年生の嘉... 続きを読む