【1分間名作あらすじ】いじめられた優しい鳥は、星になった――宮沢賢治『よだかの星』

文芸・カルチャー

2019/4/21

『よだかの星 (日本の童話名作選)』(宮沢賢治/偕成社)  よだか(夜鷹・ヨタカ)は醜い鳥であった。顔は味噌をつけたようにまだらで、くちばしは平たく、耳まで裂けている。そのためよだかは他の鳥たちから嫌... 続きを読む