『疲れない大百科』/最強の朝ごはんはえごま油をかけた玄米TKG! さらに○○を加えるべし! 連載第3回

健康・美容

2019/5/10

『疲れない大百科 – 女性専門の疲労外来ドクターが教える』(工藤孝文/ワニブックス)

『疲れない大百科 – 女性専門の疲労外来ドクターが教える』(工藤孝文/ワニブックス)は、「お休みしたい! けど休めない!」仕事に家事に忙しい現代女性の悲痛な叫びにこたえる1冊。女性専門の疲労外来ドクターが教える気力・体力がアップする習慣で、疲労回復&疲れ予防が今すぐかないます。

最強の朝ごはん=玄米納豆TKG(卵かけごはん)+オメガ3

1.コスパ最強の卵かけごはん(TKG)

 卵かけごはんは、タンパク質と炭水化物を効率よく摂れる究極の栄養食。卵は食物繊維とビタミンC以外の栄養素をすべて含み、体で作ることのできない必須アミノ酸も摂取できます。ごはんを玄米にして、えごま油をかければ、最強のTKGに変身!
 TKGに納豆を加えるのもおすすめ。納豆は良質なタンパク源であり、ビタミン、鉄分、食物繊維、カルシウム、カリウム……と栄養素が満載です。納豆と卵を一緒に食べるとカルシウムの吸収率がアップする効果もあります。

2.納豆パワーを引き出す食べ方

 納豆に含まれるビオチン(ビタミンBの一種)は美肌効果があるのですが、卵の白身に含まれるアビジンと結合すると、ビオチンの吸収率が低くなってしまいます。
 納豆&卵かけごはんにする際は、白身に火を通してアビジンを弱めればOK。半熟卵かけごはんにするか、卵黄だけかけてもいいでしょう。
 納豆にはナットウキナーゼという血液をサラサラにしてくれる酵素が含まれています。酵素は加熱により死滅してしまうので、玄米は少し冷まして食べましょう。

★すぐ疲れる人に贈る心の栄養ドリンク♪

三大栄養素のPFCバランスも最高すぎる!

第4回に続く