『疲れない大百科』/ ダイエット中の強い味方○○○○で脂肪を燃やしつくす! 連載第4回

健康・美容

2019/5/11

『疲れない大百科 – 女性専門の疲労外来ドクターが教える』(工藤孝文/ワニブックス)

『疲れない大百科 – 女性専門の疲労外来ドクターが教える』(工藤孝文/ワニブックス)は、「お休みしたい! けど休めない!」仕事に家事に忙しい現代女性の悲痛な叫びにこたえる1冊。女性専門の疲労外来ドクターが教える気力・体力がアップする習慣で、疲労回復&疲れ予防が今すぐかないます。

ダイエット中の強い味方しょうがで脂肪を燃やしつくす

1.しょうがでらくらくダイエット

 体温め効果で一大ブームを巻き起こしたしょうが。昔から漢方にも重用され、人参養栄湯(にんじんようえいとう)にも調合されています。やせ漢方としても有名で、しょうがを加熱することで生まれるショウガオールという成分が体温や血流をアップさせ、脂肪燃焼を促進してくれます。
 加熱させることが重要なので、料理に入れて食べるのがおすすめ。紅茶やハチミツしょうがドリンクなど飲み物には、しょうがをレンジで温めてからすりおろしたものを入れるとよいでしょう。

2.あなたの健康を守るしょうがパワー

 生薬としてのしょうがは、生の状態の生姜(しょうきょう)と、蒸して乾燥させた状態の乾姜(かんきょう)に分けられます。とくに乾姜は体を内側から温め、胃腸を整えて下痢や便秘、腹痛などを緩和する作用があります。解熱や咳止めの効果もあるので、風邪の治療にも最適。
 一方、食欲増進作用もあるので夏場、暑さで食欲不振のときにも役立ちます。生のしょうがは薬味に最高ですが、できれば乾燥させたり、温めたりして、ショウガオールの効果を最大限に引き出して活用してください。

★すぐ疲れる人に贈る心の栄養ドリンク♪

しょうがは、女性のお悩みを救う救世主です

第5回に続く