あなたの仕事の仕方の“残念度”がわかる「自己診断テスト」『仕事が早く終わる人、いつまでも終わらない人の習慣』①

ビジネス

2019/8/23


 仕事がなかなか終わらない理由、それは、あなた自身が仕事をどんどん増やしているからです。仕事を手掛ける順番、考え方、判断軸等をちょっと変えるだけで、あなたの仕事時間は急激に減ります。無意識の仕事肥満体質から脱却しましょう。

 突然ですが、ここに2人のビジネスパーソンAさんとBさんがいます。

 2人とも入社7年目の同期で、同じような仕事を担当しています。

 Aさんは真面目で、いつも一生懸命仕事をしているのに、なかなか成果が出ず、次のような悩みを抱えていました。

・夜遅くまで仕事をしている分、朝まで疲れが残ってしまう
・遅くまで働いている割には成果が上がらない
・忙しい時に追い打ちをかけるように仕事が入ってくる
・週末も家で仕事をしなくてはならず、常に頭から仕事が離れない

 一方のBさんは、いつもお気楽な感じなのに高い成果を上げています。さぞかし朝早くから夜遅くまで働いているかと思いきや、Bさんの仕事ぶりは次のような状態です。

・毎日、定時で帰る
・会議などでよく新しいアイデアを出していて評価も高い
・家族や友人と過ごす時間を大切にしている
・日頃からスポーツをしているので心身ともに健康である
・アフター5は、社外の人との人脈をつくっている

 Aさんと比べると、実に対照的です。

 時間の経過とともに2人はどんどん差がつき、入社10年を迎えた時には、BさんがAさんの上司になり、年収の差も歴然となりました。

「真面目なAさんが報われないなんておかしい」と思った人もいるかもしれません。

 企業は営利団体です。

 成果を上げている人を優遇するのは、当然のことです。

 では、あなたが2人の会社の経営者だったら、どちらを役職に引き上げますか?

 また、あなた自身は、AさんとBさん、どちらになりたいでしょうか?

<第2回につづく>