あとからついてくる「ときめき」だってある! すぐにときめかなくても、あきらめない『大人の恋愛ライフ ときめき再デビュー』⑧

恋愛・結婚

2020/2/12

パリ在住経験からのおしゃれアドバイスで著名なイラストレーター、米澤よう子さんが恋活をスタートさせました。アラフォー以上の女性が「ときめき」をカムバックさせた体験を、本音トークでお届けします。

 恋をお休みしていただけに、ときめきの実感を掴むのは難しいもの。胸がどきどき、あるいはキュンとする? 言葉では表しがたいですよね。相手を知るためにデートを重ねても、友達以上恋人未満なのは、決め手となるときめきがないからだと、関係をクローズするのも大人の恋活の大事なプロセス。ただ、関係をクローズする決め手も特にないなら、そのまま続けてみるのもひとつの手段かもしれません。

 私の場合ですが(恋に限らず)、年齢を重ねるにつれ、なんでも白黒つける癖がついていました。けれど、ひと口目はイマイチおいしくなくても、噛めば噛むほど旨味が出てくる食材があるように、彼を知るにしたがって、ある日胸キュン?… 「継続は力なり」で、あとからついてくるときめきもあることを知りました。きっかけは、普段見せない彼のまなざしだったり、心の奥にある、すてきな思いを知ったときだったりと、人それぞれだと思います。若い頃ほどの勢いはないけれど、大人の速度で少しずつ進化するときめきもある。だから、「あきらめないで!」も合言葉です。

<第9回に続く>