令和2年に高めておくべき「メス力」その2『大好きな彼の「ド本命」になる♡「魔法のメス力」を使って幸せをつかむ方法』⑰

恋愛・結婚

2020/1/24

『「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! “最後の恋”を“最高の結婚”にする 魔法の「メス力」』、『大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール~“運命の彼”にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則』(大和書房)に続き2月20日には待望の新刊『ど本命の彼から追われ、告られ、秒でプロポーズされる! 秘密のメス力LESSON』(SBクリエイティブ)が発売になる神崎メリさん。連載もますますパワーアップしてお届けします!

第17回 令和2年に高めておくべき「メス力」その2

 こんにちは神崎メリです。

 前回のコラムでは、令和2年こそ幸せを掴むために必要な「3つのメス力」についてお伝えしました。

 今回は、恋愛をうまくいかせるために必要な自己肯定感の高め方を「メス力」視点でお伝えしていこうと思います。

◇なぜ恋愛をうまくいかせるために自己肯定感を高めなきゃいけないの?

 恋愛がうまくいかない女性の特徴として、「私なんてどうせ幸せになれないもん……」と思い込んでしまっているケースが多々見受けられます(自己肯定感がドン底)。

「私なんて」と思い込んでしまっていると、男性から理不尽な扱いをされたときに「え? この私がこんな扱いされるだなんてあり得ないんだけど!? 別れようかな!?」と踏ん切りをつけることができず、「ヒドイ!でもこんな私を構ってくれる男はこの人だけだろうし……」と理不尽な扱いをされているにも関わらず、すがりついてしまうことになってしまうのです。

 最低な扱いをしてくる男性、すなわち「おクズ様」をとっととお見切りするためには、自己肯定感を高めておくことが必要なのですよね。

◇「メス力」的自己肯定感の高め方

 まずはじめにお伝えしておきたいのは、貴女だけに限らず女性なら一度や二度「おクズ様」から最低な扱いをされたことがあるということです。だから安心してくださいね。

 それを踏まえた上で、今からお伝えする3つの言葉を繰り返し繰り返し自分に言い聞かせてください。

①最低な扱いをされたのは私に魅力がなかったからじゃない!

「私が女として、人間として魅力がないからこんな扱いされちゃうのかな?」

 そういう風に自分を責めるのは間違っています!「おクズ様」は例え相手が女優クラスの美女であろうと、人間的魅力あふれる女性であろうとやらかすものなのです。

②ミジメな過去があるから未来の幸せを噛みしめられるんだ!

「ミジメな経験ばっかりで幸せになれる気がしない……」そう気落ちしないでください。

 ミジメな経験があるからこそ、これから訪れる些細な幸せを噛みしめることのできる感性が磨かれるのです。そして同じようにツライ過去がある人に対して、思いやりの気持ちを持てるあたたかさも身につくはずなのです。

③人生は何度でもやり直せるんだ!

「もうアラサーになったし 恋愛でいい人とめぐり合うなんて無理かも」

 つい年齢で幸せになれるかどうかを勝手に判断してはいませんか?

 恋愛で幸せになるのに年齢はまったく関係ありません! 事実、「メス力を高めたら『ど本命』にめぐり会えちゃいました♡」というご報告がアラフォー、アラフィフの読者様からもたくさん届いています! 彼女たちは「もう◯◯歳だし」なんて暗い顔をせず、前向きに生きているので男心を惹きつけるのです!

 

 日本は特に「謙虚さ」が美徳な文化です。そのため私たちの親世代は「良かれと思って」調子に乗った子に育たないよう、子供の努力を認めるよりも「上にはもっと上がいるから勘違いしないようにね」と育てるケースが多かったようです。

 親から認めてもらえないとうまく自己肯定感が育ちません。だとしたら、今から自分を褒めて愛して受け入れて生きていくのが1番です。

 アナタはもっと男性から大切にされる存在として自分を扱ってもいい。過去にどんなことがあろうとも「私 サイコー」と思ってもいいのです。

 今日ご紹介した「メス力」を続けていけば、アナタの傷ついた心も癒されていくはず。そうして自分をいい子いい子してあげて、自信を身につけていきましょうね!