男がいう「俺はナチュラルな美人が好き」の本当の意味/『モテたいと思っている男ってなんであんなに気持ち悪いんだろう』⑥

恋愛・結婚

2020/2/14

男性はどうすれば女性に気持ち悪がられずにモテることができるのか。職場や家庭でスムーズな人間関係を築くにはどうするべきか。男女の人間関係の作り方を「男性と女性の両方の気持ちがわかる」大島薫が教えます。女性は顔よりも服をほめて欲しいし「かわいい!」より「面白い!」と言って欲しい。全女性共感! 全男性必読!の1冊。

『モテたいと思っている男ってなんであんなに気持ち悪いんだろう~本当にうまい女性のほめ方~』(大島薫/竹書房)

男がいう「俺はナチュラルな美人が好き」の「自然」は「メイクが濃くない」というだけの意味。

 よく「俺はナチュラルな美人が好きなんだよー」という男性がいるだろう。これを聞いていつも「はてな?」となる。なにをもってして『ナチュラル』なのだろうか。

 言葉通り捉えるならば「自然な」ということなのだろうが、自然とはどういうことだろう。草木が生い茂るままにボーボーになった状態、これは自然だと思うが美しいかといわれると疑問が残る。これを人間で置き換えるならば、髪の毛はそこらへんのシャンプーで適当に洗い、体毛は剃らずに伸びっぱなし、化粧水も保湿液も塗らない肌、メイクも当然しない。それを指してナチュラルだといっているのであれば、そんなので「美人」が形作られているわけがない。

 要するに男たちのいう「自然」というのは「メイクが濃くない」というだけの意味なのだ。ナチュラルメイクなんて言葉があるだろう。見た目は濃くはないけれど、実はしっかりメイクしているものを指す言葉だが、逆に薄いけど濃く見えるメイクというのも当然ある。例えば真っ赤な口紅や、色の濃いブルーのアイシャドーをそのまま塗っただけでは女性からすると「化粧が濃い」とは思わないが、男性からすると化粧が濃いと思う。要するにその過程を知らないからこそ出る言葉なのだが、これが女性からすると「男ってわかってないよねー」の要因になり得る。

 ちなみに、知人の女性はホテルに彼氏と行くとき、お風呂場に「メイク落としてくるー」といって、ナチュラルメイクに直してから再登場するらしい。いままで男性にバレたことがないというのだから笑ってしまう。

<第7回に続く>