第2回 板チョコは反抗の証【宇垣美里・愛しのショコラ】

小説・エッセイ

2020/3/6

 板チョコは反抗の証だった。  例えばテストの点数が悪かったこと、納得できない理由で怒られたとき、あんなに頑張って練習したのに選ばれなかった演奏会のソリスト。そんなどうにもならないもやもやを抱えてむしゃくしゃしたら、早めに発散するに限る。溜め込みすぎると心の中でどろどろに腐って見ないふりした自分に返ってきてしまうから... 続きを読む