【宇垣美里・愛しのショコラ】ザッハトルテはキングオブチョコレート/第6回

小説・エッセイ

2020/7/3

 本場のザッハトルテを食べたことがある。私の小さな自慢のひとつ。もう6年も前、卒業旅行で訪れたウィーンでのことだ。そこには唯一“オリジナル”を名乗ることが許されたザッハトルテがあった。大学生といえど、今に勝るとも劣らぬチョコレート狂いだった私は、甘いものが苦手だという同行者に土下座する勢いで頼み込んで旅程表に組み込ん... 続きを読む