垢抜けない芋っこ女/『運動音痴は卒業しない』郡司りか③

小説・エッセイ

2020/7/15

 小さい頃、私は「よ。」という言葉に縛られていました。  どういうことかと言うと、例えば、 「せんせいあのね。きのうはかぞくで魚つりに行ったよ。お父さんはつりが上手で、わたしにおしえてくれたよ。お母さんがカメラでしゃしんをとっていたよ。わたしはおなかがすいたけど、がんばったよ。」  というような、文章の語尾は全て「よ... 続きを読む