「面を上げよ」皇帝の言葉に英鈴がドキドキしながらそっと顔を上げると、目の前に…!?/旺華国後宮の薬師④

2分で読める
連載

薬師を目指している後宮の官女・英鈴。仕えている妃嬪・充媛は、後宮に来て1ヶ月足らずの英鈴を、認めて頼りにしてくれる。「なんで私!?」呼び出された英鈴は、緊張しながら皇帝の前に参上する。 >> 次のページに…

本文を読む