「女なんだから化粧ぐらいしたら?」このひと言が琉花の人生を変える! 化粧品に魅せられ、数年後には?/ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~①

2分で読める
連載

化粧品の開発部に勤めるアラサー女子、琉花。出張先のフランスで、琉花は奇妙な場所に迷い込み、なんと18世紀にタイムスリップしてしまい!? 化粧っけのなかった大学時代。コンパで言われたひと言が、理系女子・琉花…

本文を読む