女性至上主義/巴奎依の社会不適号⑫

連載

「当たり前」に違和感を感じることが、中々難しい世の中だなと最近よく思うようになりました。 学校の教育方針や、イベント事における風習、はたまた政治においても。 生きていく中で謎のルールがあまりにも多すぎ…

本文を読む