猫はさておき…愛車のスバル360の思い出/ねことじいちゃん7④

マンガ

更新日:2021/2/24

妻に先立たれ、ねこのタマとふたり暮らしの大吉じいちゃん。ある日、御年90歳の百合子姉ちゃんに言われ、しまいっぱなしだった古いアルバムを探す。押し入れの奥にしまい込んでいたアルバムを開くとそこには、自慢だった愛車のスバル360(通称「デメキン」)や、中学校の恩師“たかやん”、幼かった息子の剛の写真など懐かしい思い出がたくさん詰まっていた。そして、妻・佳枝が亡くなる直前にタマと3人で撮った写真が出てきて――。写真を通して蘇る、愛しい人の記憶、まばゆいばかりの思い出。優しい水彩画タッチのイラストと、毎日がいとおしくなる四季折々の彩りにのせてお届けします。

ねことじいちゃん7

ねことじいちゃん7

ねことじいちゃん7

ねことじいちゃん7

「ねことじいちゃん7」を楽天Kobo(電子)で読む

この記事で紹介した書籍ほか