『週刊ツリメ』「今日は『1/4の風景』の発売日!」

エンタメ

公開日:2021/3/1

1/4の風景

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
週刊ツリメ

 ソワソワする! 今日は『1/4の風景』の発売日だ! この3月1日が待ち通しかった同士よ手を挙げてくれ!

 約1年前に書籍化の話があり、遂にそれが具現化して買ってくれた皆さんの手元に渡るのは不安でもあり、ドキがムネムネですよ(しんちゃんが一瞬入っちゃったね、ななこおねいさんにも読んでもらいたい)。

 なんせアバンティーズとして書籍を作った事もこれまでになく、言っちゃあ新たな試みだ。今まで映画作ったり、曲作ったり、ライブしたりYouTubeの枠を超え、チャレンジをして来た自分達にとって物作りをするのはたまらないことだ。

 そら、リクヲ、ツリメ、エイジの想いがトマト缶みたいにぎっしり詰まっている。受け取ってくれた人からすればミートソースパスタにして食べたり、トマトの風味のカレーにしたり、オシャレにリゾットなんかにも料理できる。この本もそんなふうに、読者によってアバンティーズに対する想いだったり、メンバー各々に対する見解が違うと思うんだ。頭の中で言葉が調理されて、どんな料理になるかは読み手次第だ。

 だからこの本で僕らの事を知った人は「なるほど! この人達、おもろい」ってなるかもしれないし、昔からのファンだったら「私の知らなかったアバがいた」みたいな捉え方もあるはず。低評価のコメントもきっとある(本当はあって欲しくない笑)。

 冒頭で不安と言ったのは、今までYouTube上で表現してこなかった陰の部分が表現されているから。それをファンが読んだら蜂に刺されるみたいにアナフィラキシーショックを起こすかも分からん(多分しないので安心してね)。そんな事を言いつつ素直な感想が欲しいと思っているツリメです。読んでこの本良いなって思ったら、友達とかに広めてください。

 あとこの本に関しては古本屋に売っても全然良いです(読んだ後にね笑)。でもフリマで高額で売るのはダメだよ。それはゲンコツしちゃうからな! 僕の理想を話すと、10年20年経った未来で古本屋にこの本がポツンと置かれていて、それを誰かが手に取ってくれたらご機嫌ルンルン幸せMAXだ。勢いで焼肉奢ったる!(その時にまだ活動していたら、その時のアバと照らし合わせて読み返すのもいいな。奢るのは冗談)。なんか今だけじゃなくて長くに渡って愛される物であって欲しいね。

 どうしたらアバンティーズという存在を後に残せるかって考えた時に、本は一つの可能性かなって思うんだ。YouTubeもその一つだが、アバの遺伝子を多方面にばら撒くのはある意味作戦です(頭脳派っぽく言いました。頭良いみたいに言ってすんません)。

 あの日からの僕らを是非感じて欲しい。それだけです。

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

1/4の風景

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
9784046803665
執筆者プロフィール
ツリメ(byアバンティーズ)
埼玉県出身、年齢は23歳。チャンネル登録者数160万人超の人気グループ「アバンティーズ」のメンバー。
絵心はないがイラストを描くのが趣味で、メンバーからは「画伯」と呼ばれている。
ツイッター:@turime1996
インスタグラム:turime1996
アバンティーズ:YouTube