年間600杯を食す、SUSURU直伝! ラーメンのお作法⑭「まぜそば・油そば」のおすすめ店!

エンタメ

更新日:2021/5/31

SUSURU

 ずる~ずる! どうも、1年365日「毎日ラーメン健康生活」のYouTuber・SUSURUで~す!

 今回取り上げるのは、ここ数年で定番メニューになった印象もある「油そば」や「まぜそば」です。ラーメン界隈では、個人店で評判になったものが、都内にある大手資本系のチェーン店にも広がり、全国区になっていくという王道の流れがあります。例えば、神奈川発祥といわれる「家系ラーメン」も同様。「油そば」や「まぜそば」も、似たような流れをたどってきました。

 スープがないからこそ、麺を思いっ切りすすれるのも魅力な「油そば」や「まぜそば」のおすすめ店を紹介していきます!

初めて食べた衝撃「“ハイカラ”な食べ物だ!」

 いわゆる“普通”のラーメンの場合、僕はまずスープから飲みます。でも、冒頭でも言ったとおり「油そば」や「まぜそば」は、何といってもスープを飲む過程をすっ飛ばして麺から行けるのが魅力。いい意味でのインスタント感やジャンク感こそが、他のラーメンとは違うところだと感じています。

 僕が初めて食べたのは、上京したばかりの2011年頃。東京・北千住にある「東京屋台ラーメン・翔竜」でした。このお店にある「背油そば」は、見た目からして背脂がたっぷり入った1杯ですが、初めて食べたときに「地元の青森県にはない“ハイカラ”な食べ物だ!」と衝撃を受けてしまい(笑)。友だちの家に泊まり、翌日も食べに行ってしまうほどでした。

シンプルな「油そば」と変化球的なトッピングもアリな「まぜそば」

 個人的に「油そば」や「まぜそば」がおいしいお店は、チャーシューにも自信がある印象もあります。基本的に、チャーシューはお店ごとの醤油ダレに漬けて作っています。その醤油ダレを使って「油そば」や「まぜそば」を作るので、結果的においしくなるのではないかと思っています。

 そして、もう一つ気になるのが「油そば」と「まぜそば」の違いなのですが、言葉としては同じものだと考えています。

 ただ、「油そば」は、わりとシンプルな盛り付けで、昔からある印象。元々は、東京・武蔵境にある「珍々亭」が発祥と言われていて、このお店の「油そば」は、タレやネギ、チャーシューと、トッピングもいたってシンプルです。

 一方の「まぜそば」については、変化球的なトッピングもアリな印象で、限定メニューとして「まぜそば」を出しているお店には趣向をこらしているところもあります。この連載で以前紹介した、東京・青梅にある「㐂九家(きくや)」(※)も一例で、たっぷりといくらがのった「まぜそば」は、見た目も味も両方楽しめる1杯でした。

※年間600杯を食す、SUSURU直伝! ラーメンのお作法⑬ 焼豚、メンマ…トッピングがうまい店7選!

都心や松戸で味わえるおすすめ店

 都内では、東京・桜上水にある「あぶら~亭」は、ぜひ一度、足を運んでみてほしいお店です。店名からも伝わるとおり看板メニューは「油そば」で、タレやチャーシューなど素朴なトッピングながら絶品。半チャーハンや餃子もあり、リーズナブルでメニューも豊富なので学生時代からよく通っていました。

 また、東京・東十条の「燦燦斗(さんさんと)」もおすすめのお店です。ラーメンやつけ麺などもありますが、人気メニューの「油そば」は格別。タレそのものがおいしく、フワッとただよう豚の香りが麺にからまると倍増します。個人的に、過去一番に忘れられない「油そば」と言っていいほど。定休日をのぞいて、1日の中でわずか2時間半ほどしかオープンしていないレア感もあります。

 都心から少し離れた場所だと、千葉・松戸の「兎に角」も紹介しておきたいお店。ラーメン激戦区といわれる松戸にありながら、シンプルながらも工夫を凝らした「油そば」は人気メニュー。タレのうま味が強くて、モッチモチの食感を楽しめる自家製麺もおいしいです。

 最近は、コンビニでも人気商品がたくさんある「油そば」や「まぜそば」ですが、とにかく「今日は麺をすすりたい!」と思う日にはうってつけ。お気に入りの1杯を、ぜひ楽しんでください!

みなさまにご報告…SUSURU、結婚しました!

 僕のYouTubeチャンネル「SUSURU TV.」でも報告させていただきましたが、このたび、かねてより交際していた女性と入籍させていただきました。ちょうど2000回目の動画で発表したところ、たくさんの方々から祝福の声をいただき本当にありがとうございました!

 夫婦そろってラーメンが好きで、地方遠征のときは一緒に足を運ぶことも。これまでも陰ながら支えられていました。じつは、彼女が声だけなど“ちょい見せ”で出演してくれている個人チャンネル 「成田くん」も、結婚をきっかけにスタートしました。これまで以上に、しっかりとやっていかなければという決意を込めたものでした。

 結婚により日頃の活動に対する責任感も変わってきましたが、今まで以上に頑張ってコンテンツ発信に取り組んでいきたいと思います。まだまだいたらぬ部分もありますが、今後とも、温かく見守っていただければ幸いです!

<第15回につづく>

あわせて読みたい

SUSURU●毎日ラーメンをすする動画をYouTubeにアップするラーメンYouTuber。ラーメンとゲーセンが好き。
Twitter:@susuru_tv
YouTube:毎日ラーメン健康生活